中野目 崇真
Souma Nakanome


2000年5月13日、東京生まれ。
3歳からタップを始め、4歳では映画で嵐メンバー二宮和也氏とタップを踏み合う。

7歳から振付を開始、10歳までに数々のコンテストでグランプリをとり、即興の得意なスーパーキッズとしてもメディアに取り上げられる。

日テレ「スタードラフト会議」では 仏像博士としても出演し、特番のクイズ番組にも出演。

タップのみならず、3歳から同時に劇団東俳につとめ、子役として数々のCM、ドラマ、映画に出演。

JTSPというタップダンサーへ向けての奨学金制度では、初の小学生として12歳でシカゴへ飛びタップフェスティバルにも出演。

その翌年の2013年には、3歳から18歳が集まり活動するタップの練習会、JTP(JuniorTapdancePracticemeeting)を設立し、1周年記念公演ではジュニアが企画を行う。

2016年、ニューヨーク・ロサンゼルスなどアメリカ8都市を訪れ、タップを通じて歴史や音楽を学ぶ。

2017年からは映像媒体からの発信を試み、和と洋の融合と「旅立ち」をコンセプトに音楽ユニットSoraと映像制作会社WIN-plusと共にミュージックビデオ『さめざえ』“SAMEZAE”を制作。

そして、映像を起点に社会変容を目指すEXIT FILM inc.を中心としたクリエイターによる“ いじめ”をテーマに自主制作したショートフィルム 『Bullying and Behavior』(邦題 : いじめと振る舞い)の主演を務める。
近日は音楽制作、ビジュアルデザイン、タップダンスによる企画など、様々な分野で活動。

「円やかで、和みの在る世界」「魂の躍動する体験」「五感の研ぎ澄まし」をテーマにアートワークを展開。アート、エンターテインメント、エデュケーションによる変化を試みている。

奈良市・秋篠寺にて伎芸天へのタップ舞踏奉納をきっかけに奈良市観光大使就任。現在、Engineering Freak Incenseと手巻きお香親善大使として手に持って楽しむ新しい一服のかたちを見出している。

幼少期より、宇宙に対し憧れを抱いており、現在は宇宙旅行の船にあるジャズバーでタップすること、また宇宙での娯楽産業の開発促進を目標としている。2019年1月と4月に事故と遭遇し、うつとPTSDになりながら、改めてゆったりと実現を目指している。

ともに学び合いながら、お互いの変化と成長に豊かな感情と多様な思想で接し合える、そんな仲間を集めている。(世界にいる全人類、全生命がずっといっしょにいれなくてもなにかつながれる仲間であればなと信じている)



Re:+α

2020年に設立された、デザインと音楽をメインに企画/制作をおこなうクリエイティブ・バンド。(※形態は変容していきます)

Official Website

Facebook Page

Sound Cloud